チラシ印刷サービスについて

4月 9th, 2014

企業や個人事業主が自社をPRする方法としてチラシの配布やビラ配り等がある。そして、そのようなチラシやビラを印刷してくれるのがこちらのチラシ印刷サービスだ。自分でパソコンとプリンタを利用して作成することも可能ではあるが、それが大量に何部もそれを印刷するとなると時間もコストもかかる。しかし、この印刷サービスを利用すれば低コストで大量のチラシを印刷してくれるのでコストパフォーマンスや時間的なメリットが大きくなる。万枚以上も印刷する必要があるのならば、このサービスを利用した方が良いだろう。また、通常のプリンタでは印刷をするのが難しいサイズを印刷するときにも有効だ。新聞の折込広告に入れる、特大のチラシを作成する時などには活用すると良い。その他現在ではインターネットで注文をする事が出来るサービスも登場しており、予めデザインを作成してそれを業者にファイルで送れば、印刷されたチラシが自宅に届くので便利である。デザインが決まっていないという場合や、どのようなものにするか悩んでいる場合にはそれを請け負うサービスもあるので心配する必要もない。ちなみに、近隣にチラシ印刷サービス店がない場合には、オンライン注文を利用可能である。料金等については印刷会社により違いはあるが、単価が0.1円違うだけで何万円も発注料金が異なるので複数社を比較して安い所を探すようにしたい。チラシ印刷サービスを活用して、うまく自社を宣伝してゆこう。

ネットを使った賢いチラシ印刷。

4月 6th, 2014

以前は、印刷会社にデータを持ちこんで制作するというのが一般的だったチラシ印刷ですが、近年ではインターネットから入稿できるネットプリントの業者が増えてきました。会社まで足を運ばなくても良いという便利さと、納品までのスピードの早さ、値段も安価なことなどから年々と利用者が増加しています。ネットプリントを利用する際に重要なのは、業者選びです。自分の目的に合った業者を選択しましょう。インターネットでそれぞれの業者の特徴や、得意分野などを知ることができますし、見積もりも出すことができます。また希望すれば、紙見本やパンフレットなどを送付してもらえる業者などもあるので、積極的に利用しましょう。業者によっては、時期ごとにキャンペーンやイベントをしている場合があるので、その時々で値段が変動することもあります。しっかりと調べてから選ぶことをお勧めします。入稿時に気をつけたいのは、データの作り方です。画像の貼り方や文字のフォントなどはもちろんですが、紙に印刷した時の色の出方なども事前に確認しておきたいです。パソコンでの色の出方と、紙での色の出方は一緒とは限りません。納得のいくチラシ作りのためにしっかりと下準備しましょう。また、業者によってそれぞれ入稿時のルールがある場合が多いので、ホームページなどでよく確認する必要があります。「折り」を頼む時などは特に注意が必要で、どの方向に折るのか、などをしっかり記載しましょう。

チラシ印刷は業者に依頼するのがベスト

4月 4th, 2014

パソコンという便利なツールが広く普及した為、現代では、ある程度の印刷物は、一般の人でも制作できるようになった。その代表が年賀状だ。年賀状の印刷を業者に発注する人も根強くいる事は確かだが、自分で制作してしまう人も多いのは周知の事実である。年賀状が自分で制作できるのならば、他の印刷物も自分で制作してみようと考えるのが自然な心理である。例えばチラシ。一般的に多く流通している市販のプリンターはA4サイズまで印刷できるので、A4サイズのチラシであれば自分で制作する事は可能だ。但し、チラシは、年賀状よりも制作が困難である事は間違いない。だから、年賀状が上手く制作できたからといって、チラシも上手く制作できるとは限らないのである。また、チラシは年賀状とは異なり、その後の効果の為に制作する印刷物である。言い換えれば、チラシの効果がなければ、そのチラシは、まったく意味のないチラシとなってしまうのである。意味のないチラシならば、当然、その制作にかけた労力、時間は無駄になってしまう。そうならない為にも、チラシ印刷は、業者に依頼する事が賢い選択である。業者、つまり、プロなのだから、当然、効果的なチラシを制作するノウハウを持っている。そして、単に効果的なだけではなく、素人が制作するのは困難な、見栄えの良い、クオリティーが高いチラシを制作する事ができる。もちろん、外注なのだから費用はかかる。しかし、費用を惜しんでは、その先にある効果を得る事はできない。